バカラ、ボヘミア、HOYA、リーデル、マイセン、ウェッジウッド 等…

ブルームーンでは色々なクリスタルグラスやティーカップを使っています。

以前から欲しかったグラス
『テレジアンタール』

IMG_1341

テレジアンタールは1836年にドイツ南部、バイエルンの深い森の中で、実業家フランツ・シュタイガーバルトによって創立されました。
その庇護にあたった、バイエルン国王ルードヴィッヒⅠ世の妃、テレジアの名前に由来するその社名からもテレジアンタールの製品が、王侯貴族の間で何代にもわたり愛されてきた理由を知ることができます。シンボルマークの王冠が示すごとく、テレジアンタールは、特別な時と人のためのものでした。白鳥城(ノイシュヴァンシュタイン城)を作らせたルードヴィッヒⅡ世、ロシア皇帝、フランス最後の皇后ユージェニーなどヨーロッパの宮廷でもてはやされ、1840年代には貴族や裕福な市民の間で使われるようになりました。ヨーロッパ最高の技術と品質により、1867年のパリ万博でブロンズメダルに1937年にはゴールドメダルにも輝いています。テレジアンタールでは創立より、ガラス生地製作、カット、グラヴィール、絵付など全ての工程を高度な技術と豊富な経験を持った熟練の職人たちが手作業で行っています。最も技術が必要な宙吹き成型、垂直にまわる回転盤に対してフリーハンドで行われるグラヴィール、ガラス生地全体あるいは一部に異なる色のガラ被せかける色被せなど、手腕が問われる技術を駆使しながら、極めて優雅なガラス製品を作り続けています。つまり、一点一点が、こうした才能にあふれた職人たちが作りあげた卓越した作品であるために洗練されたお客様たちから賞賛を得ているのです。

                                    メーカー資料抜粋


グラス達の歴史を味わうのもいいですね。

ブルームーンのグラス達もお楽しみ下さい。